青ゴ記

ポケモンとKOFと麻婆豆腐が好きです

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモン】赤白緑色のポケモンだけ出れるトリプル大会に出てきた

2015-12-16-Wed-02:44
大会に参加したイカれた俺の
虫達を紹介するぜぇ!


シュルーム(パラセクト)@気合のタスキ
慎重HD残りA@乾燥肌
ワイドガード/キノコの胞子/シザークロス/光の壁


今回一番活躍したであろうパラセクトのシュルーム。
名前の元ネタはKOF13のストーリーモードで出る敵から、キノコ頭

ワイドガードで虫に対して致命的な「岩雪崩」「熱風」をガードします
悪戯心ニャオニクスと正面同士が多かったのですが
ニャオニクスが神秘の守りを優先させることが多く
胞子をスカされたこともあれば「胞子無力化したしスルーでいいだろう」と放置され
ワイガで反撃の隙を作ったりと文句なしの活躍でした
先発で出したウルガモスへの水技受けで控え役だったんですが
予想以上に先発で出さなくてはいけない場面しかなく
フル先発でした、本当におつかれ

問題はやはりその遅さとリザYの日照りによるスリップダメージ
タスキが4ぬぅ!


クライスト(ストライク)@進化の輝石
臆病CS残りA@テクニシャン
虫の抵抗/めざめるパワー(岩)/エアスラッシュ/身代わり


めざ岩の特殊ストライクのクライストです
自分の育てたストライクはみんな剣や刀の名前を付けています
クライストはToらぶるで有名な矢吹先生の代表作である黒猫のキャラのセフィリアの剣の名前です
ストライクを並び替えればクライストになる、それだけ
めざ岩なのはなぜか、それはもちろんアローを殺すためだよ、あれは存在すら許されない
虫の抵抗で相手の攻撃力を削ぎつつ高い素早さから怯み狙いのエアスラ。
パラセクトのワイドガードが上手く決まることが多く身代わりを張りアローをめざ岩で倒すことも多かったですね

サフィアーダ(メガヤンマ)@オッカの実
臆病HCS調整@加速
見切り/原始の力/エアスラッシュ/追い風


赤緑白のポケモンしかつかえない
だがこのサフィアーダは色違いで青だ!

元ネタは第二次スパロボZのウェインの機体のサフィアーダ
色違い孵化ということもありSが理想個体ではないのですが
自分と相性が悪いのに尊敬する師匠と同型に乗りたいと言ったウェインの男気に惚れ
一軍に採用しています、メガヤンマは元のポテンシャルが高いので頼れますね
インサラウムの騎士達はいいキャラばかりだ

追い風発動要員ですが
相手のトリルを妨害できないため普通のアタッカーでした
「エアスラッシュ」は相手がどこに居ても攻撃できるし怯みも期待できるので
今回はエアスラ要員でした
原始の力?アローを殺るためだよ


ラインバレル(ハッサム)@ハッサムナイト
意地っ張りHA残りS@テクニシャン
電光石火/バレットパンチ/トンボ帰り/はたきおとす


ナイスな展開じゃないか!
天敵のファイアローの息の根を止める虫パの最終兵器であり希望。
鉄のラインバレルのメイン機体から、UXではついに声付き参戦でしたね

今回は唯一のメガ枠と言うことでメガストーン持ちですが
普段はハチマキ持ちで電光石火でアローのHPを半分削る役目をしている

はたきおとすは今回重要と思い採用しました
早いハッサムではたきおとしパラセクトの胞子で確実に眠らせる形をとりたかったので
まぁしかし統一PTだとトンボが生かしにくいですね

ラストバレル(イワパレス)@ラムの実
腕白HB@頑丈
殻を破る/地震/岩雪崩/岩石砲


スパロボUXの最後で地獄を見た沢渡の機体ラストバレル
イワパレスはかなりのポテンシャルを秘めた虫だと思っています

トリルが多かったので殻を破るがほぼ死に技でしたが
岩石砲でリザードンやアローを悉く落とせました

2戦目殻を破り全抜き体性が整った瞬間に
鯖キャンしたのは悲しかった

イグニス(ウルガモス)@食べ残し
穏やかHDS調整@炎の体
虫のさざめき/ギガドレイン/蝶の舞/炎の舞


スパロボDのメリオルエッセが一人イグニスさん
KOFのイグニスからではない、グラキエースやウンブラ、コンターギオ、ウェントスも育成済み
スパロボDは開幕からチェンゲでいいね、あと敵の機体名長すぎ

普通の耐久ウルガモス
決定打がなにもない水ロトムに対する唯一の対抗手段
麻痺でよほど動けない限り水ロトムは敵ではありません

岩4倍が痛いもののパラセクトのワイガで大体防げました
水ロトムとのタイマンは舞いまくり勝ちました
やっぱりウルガモスは強い



今回は複数催眠を縛ってみました
まぁ相手からはガンガン複数眠らされましたがね
でもそういう人相手にはラム持ちイワパレスを強気に出せるので逆にありがたい。

縛りプレイをする事でもっと虫達が高みにいけるのではないかと思って…
まぁ唯一の催眠要員のパラセクトがワイガが忙しくて
眠らせる暇がなかった言い訳ですがね

勝率はまぁイマイチでしたね
パラセクト以外シングルからの流用だったので

しかしまぁ相手のPTはテンプレに近いPTばかりだったのにも関わらず
一方的にやられることなくどれもかなり肉薄した戦いだったので満足

今回の大会で改めてPTの虫たちの評価が上がりました


トリプルだとアローって微妙ですね
1ターン1匹しか倒せないし、先制追い風は強いけど
虫PTはトリルのほうが困る

6VS6だから相手のPTに合わせてこいつは出さないで置こうとかできないので
どんな相手でもいいようなPTにしました

ニャオニクスが多いのは分かってたので
虫技多めで

てか♂ニャオニクスって青じゃん
どうして出れるのよ、♀参照なのか?

色で分別するなら
色違いや性別違い、翅模様違いなど
そこらへんも考慮して欲しい

いやまぁ楽しかったけどね
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。