青ゴ記

ポケモンとKOFと麻婆豆腐が好きです

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【激辛】いつも混雑しているくるまやラーメンに初潜入

2016-01-20-Wed-23:45
http://www.kurumayaramen.co.jp/index.html

こちらスネーク、くるまやに潜入した
お昼に前を通るといつも車がいっぱいでずっと気になってたのですが
やっと行くタイミングが出来たので行ってきました

先ず驚くのは「店内の暑さ」
暖房がガンガンにかかっており今日初雪を観測した外との温度差に驚くとともに眼鏡が曇り
前が見えない

カウンター席に案内される、開店10分で席は満席
しかも客にはお年寄りが多い…

メニューを見てみる、HPにある大辛味噌目当てで来たのだけれど
なかったので辛味噌ラーメンを選択、あとついでにミニチャーシュー丼

店内あっつい、30度くらいありそう
カウンター席の真ん中が開いておりそこから注文を出すのだが
まぁなんというか隠す気なんて毛頭ねぇという潔い心意気が感じられる注文口に複数の謎の粉。
科学調味料だと思うがそれを丼に豪快にパッパと入れていく
スープを混ぜるのも雑というか豪快、多少のこぼれは気にしない
あと驚いたのがニンニクの量、味噌ラーメンには大匙1杯くらいのおろしニンニクを投入
食べたときにニンニクのライブ感が凄まじい。
茶色い粉はおそらくスリゴマ、謎の液体、粉を丼に豪快にブチ込んでいく

とにかく豪快である

席は満席で新しい客が入ろうとして扉を開けるたび
ダイレクトに冷たい風が入り込んできて寒い
けどそんなお年寄りの客を店の外に放置し並ばせるなんとも鬼畜な店員。
客もそれでも食べたいと我慢し並ぶ。

そして来たのが辛味噌ラーメン
味噌ラーメンに辛味を追加したもの
上の具は茹でもやしとニンジンとカイワレ
ニンジンの甘さがやさしい。カイワレはウーン…?

食べて思ったのがまずニンニクのインパクトの強さ
そして決してラーメンからでない、店内の暑さから出る汗

一番驚いたのはチャーシュー丼である
チャーシュー丼というのは大抵切れ端を少しご飯に乗せた程度なのだが

明らかに飯の量<チャーシューの量である
隣に座っていた夫婦が凄く「アレ頼めばよかった」という目でこちらを見てくる
こちとら想定外じゃ

チャーシューにも熱が通っておりホカホカ、てかこの店内の温度でも湯気が出るって…
少しパサパサめのチャーシューと硬めに炊かれたご飯で口の中の水分が奪われる

セルフサービスの水が嬉しい

ラーメンの味はと言うと「この味噌美味しい」と思う反面
これは辛味を追加せず味噌ラーメンを頼むのが正解なのでは、と感じた
ダイレクトにニンニクの暴力と味噌の旨みだけで十分と感じた
面は丸みのある太麺でツルツルしており啜るのに抵抗が無い
スープがドロっとしているのでこの麺でも十分絡むのだろう

このような表現は不適切かもしれないが
ニンニクをブチ込んだガテン系のラーメンを食べる老人たち
中には生卵が入ったカロリー1000超えのスタミナラーメンを頼む老人も少なくなかった

なるほど、彼らはここでパワーを貰っているのだなと納得
一方彼らの半分以下の年齢の俺氏はわりと今ニンニクで胃がキリキリする…

歳だな
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。