FC2ブログ

青ゴ記

ポケモンとKOFと麻婆豆腐が好きです

War of the Star

2005-03-19-Sat-11:48
諸君、私はVITWIZが好きだ
諸君、私はVITWIZが好きだ
諸君、私はVITWIZが大好きだ

ナパームバルカンが大好きだ
ストームガストLv1が大好きだ
状態異常インベナムが好きだ
状態異常マジッククラッシャーが大好きだ

クワドロプルスタンロッドが好きだ
クワドロプルカーシングロッドが好きだ
カーシングドラウジースタンアイスロッドが好きだ
クワドロプルドラウジーロッドが好きだ
クワドロプルバイタルロッドが好きだ

監獄で 地下水路で
時計地上で 時計地下で
空プティ高原で コードの森で
騎士団で 城で
崑崙で 最下層で

この地上に存在する
ありとあらゆるVITWIZが大好きだ

戦列を並べたナパームバルカンの一斉発射が
轟音と共に敵陣を吹き飛ばすのが好きだ

空中高く放り投げられた敵WIZが
魔法でばらばらになった時など心がおどる

VITWIZの操るストームガストLv1が
敵ギルド員を凍らせたりするのが好きだ

悲鳴を上げて燃え盛るファイアーウォールから
飛び出てきた敵兵をユピテルサンダーでなぎ倒したときなど
胸がすきような気持ちだった

ロッド先をそろえたVITWIZの横隊が
敵のWIZ軍を蹂躙するのが好きだ

恐慌状態の新VITWIZが 既に息絶えた敵兵を何度も何度も
足置きFWしている様など感動すら覚える

敗北主義の逃亡WIZ、ハンター達をスタンインベで
ピヨらせ上げていく様などもうたまらない

泣き叫ぶVITの無い職達が私の振り下ろした手の平と共に
金切り声を上げるマジッククラッシャーと共にばたばたと薙ぎ倒されるのも最高だ

哀れな抵抗者たちが
雑多な剣や短剣で健気にも立ち上がってきたのを

魔法力増幅後のサイトラッシャーが
都市区画ごと木端微塵に粉砕したときなど絶頂すら覚える

大手の派遣師団に滅茶苦茶にされるのが好きだ

必死に守るはずだった砦が蹂躙され
女子供が犯され殺されていく様はとてもとても悲しいものだ

外食の物量に押し潰されて殲滅されるのが好きだ

プレイヤーキラーに追い回され
害虫の様に地べたを這い回るのは屈辱の極みだ

諸君 私はGvGを、地獄のようなGvGを望んでいる

諸君 私が付き従うヘイムダル協同組合諸君
君達はいったい何を望んでいる?

更なるGvGを望むか?情け容赦の無い糞の様なGvGを望むか?
鉄風雷火の限りを尽くし三千世界のの鴉を殺ス
嵐の様な闘争を望むか?

GvG!GvG!GvG!

よろしい、ならばGvGだ

我々は満身の力をこめて 今まさに振り下ろさんとする握り拳だ
だがこの暗いガンホーの管理の底で数ヶ月もの間耐え続けて来た我々に 、ただのGvGではもはや物足りない!!

大GvGを!!一心不乱の大GvGを!!

我らはわずかに一個大隊千人にも満たぬ小規模に過ぎない
たが諸君は一騎当千の古強者だと私は信仰している

ならば我らは諸君と私で
100万と一人の軍集団となる

我々を忘却の彼方へと追いやり
眠りこけている大手の連中を叩き起こそう
髪の毛をつかんでひきずり降ろし眼を開けさせ思い出させよう

連中に恐怖の味を思い出させてやる
連中に我々の軍靴の音を思い出させてやる

天と地のはざまには奴らの哲学では
思いもよらない事がある事を思い出させてやる
一千人の小規模レーサーの戦闘団で

大手を燃やし尽くしてやる
スポンサーサイト



COMMENT



(゚д゚)<

2005-03-19-Sat-20:46
彩華よ、自由になりたければ戦って勝つのだッ

最初は戦うのを躊躇うかもしらん。
だが闘技場に立てばその気持ちが変わる。

その杖で相手を倒せば5万の観衆がお前を称え、その声が波のように押し寄せ自分がオーディンの生まれ変わりであるかのような錯覚に囚われる。

( ゚∀゚)o彡゚ 彩華!彩華!

さあ、杖を取り戦いに勝利し、栄光と自由を手にするのだッ

(;゚A゚).。o○(

2005-03-19-Sat-21:27
(その後彩華はコンロンで無敵のVITWIZになる)

(彩華は倒れた敵をファイヤーヲールで焼き尽くす)
彩華: おまいら何で黙ってる!敵が死ぬのを見に来たんじゃないのか!

( ;゚A゚)o彡゚ 彩華!彩華!


(試合の後、彩華は所長に呼び出される)
VITWIZ養成所長: お前の望みは何だ?殺戮か、男か、それとも幼女か?
彩華: あなたに呼び出されて来たというのに何です、その質問は
VITWIZ養成所長: お前は強すぎるのだ。だがその戦いはつまらん。ただ倒すだけでは駄目だ、客を楽しませるのだ!

彩華: (=`ェ´=;)

VITWIZ養成所長: 私は戦いに勝利し、組合長に認められ自由を得た。
彩華: ではあなたもVITWIZだったと!?
VITWIZ養成所長: いや、ただのSTRハンターだ。だがそれも遠い昔の事。私が自由になれたのは強かったからではない。観客の心を捕らえることが出来たからだ。

彩華: (=`ェ´=;;)

VITWIZ養成所長: お前はもうこんな小さな町で戦うようなVITWIZではない。これから私はお前を連れイズルードのアリーナに行くつもりだ。しかし、今のお前ではイズルードの客の心を捕らえることはできん。

彩華: では私は人気者になりましょう。

(;;゚A゚).。o○(

2005-03-20-Sun-10:39
(彩華と養成所メンはアリーナに。5マンの観衆。アリーナの中心には彩華と他の養成所メンがいる)

司会:
ヘキョー春祭りも64日目を迎えた本日、我々は皆のために素晴らしいものを用意した!
このアリーナで、かつてヘキョーを一躍有名にしたルイーナの戦いを再現しよう!

( ゚∀゚)o彡゚ copen!copen!

司会: ここにいるのが、砦が陥落することなくルイーナに君臨し続け、市民を恐怖に陥れたシュバルツバルト軍だッ!

(中心では彩華達がコソコソ話をしている)
彩華: この中で攻城経験がある者はいるか?

こーん: はい、私はかつて組合にいました。
うじ: σ(゚∀゚*)

彩華: それは心強いな。いいか、何が出てきても狼狽えるな。力を合わせればきっと勝てる。


司会: そして!こちらは組合長からの贈り物、ヘキョー突撃隊だッ!

(扉から重装ペコ隊が飛び出してくる)

彩華: おまいら密集隊形を取れ!敵を一箇所に誘き寄せるんだ!

2005-03-20-Sun-10:51
( ゚∀゚)o彡゚ copen!copen!


不覚にも笑いすぎて腹痛い
gggggggg

管理人のみ閲覧できます

2005-03-21-Mon-08:58
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

HOME